テストで100点を取った時は、「頭がイイね」よりも「よく頑張ったね」と言った方が成績が上がる

慶応義塾大学:中室牧子 教授による

4万5000人を対象にしたデータ研究から導き出す

 

子供が良い点を取ってきた時にかける一言には、

学力の上がる最良の褒め言葉がある

●テストで100点を取った時は、「頭がイイね」よりも「よく頑張ったね」と言った方が成績が上がる

「頭がイイね」「よく頑張ったね」は、両方とも褒め言葉だが、

それがどのように影響するかは微妙に違う

「頭がイイね」は、子供の能力を褒めている

一方、「よく頑張ったね」は、子供の努力を褒めている

 

小学生の対象に行った実験で、子供たちを2つのグループに分け、

良い成績をとったら1つのグループは「頭がイイね」と褒め、

もう一つのグループは「よく頑張ったね」と努力を褒めた

元々の能力を褒めると、子供たちは

徐々に意欲を失って成績が低下することが分かった

 

●悪い点を取ってきた時に絶対に言ってはいけない言葉

「女子は数学が苦手だからできなくてもしょうがないよ」

といった慰め方をしては絶対にいけない

先入観や思い込みから発せられた言葉が刷り込まれ、

子供の学力が下がるという研究結果が出ている (0)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク