子供の主体性を伸ばすアクティブ・ラーニング

秋田県の小学校で導入されているアクティブ・ラーニング

発表やグループワークなどを通じて

子供たちが主体的に学び合う学習方法を

アクティブ・ラーニングと呼ばれている

 

文部科学省も、この学習方法に注目しており、

2020年度から小学校の学習指導要領で導入する方針

 

小学6年生と中学3年生を対象に行われた全国学力テストの結果では、

アクティブ・ラーニングが成績の良さと関連があることが分かった

 

アンケートの結果、授業やグループの中で

自ら考え自分から取り組んでいたと思うか?という問いに

当てはまると答えた子供ほど成績が良かった

 

中でも秋田県の子供たちで、当てはまると答えたのは、

全国で最も高い41.2%で、平均の30.1%を上回った (63)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク