」カテゴリーアーカイブ

お金の達人:菅井敏之による

●1000万円 貯金できる子供に育てる方法

 

子供にはお金を残すのではなく、

お金の貯め方、管理の仕方、習慣を教えるべき

 

・月に一度 家族会議を開く

我が家の収支の状況を子供に見せる

簡単にモノをねだれないことを気付かせる

どうしても欲しい時、家族全員にアピールさせる

なぜ必要なのか?買った効果は?などのプレゼン能力を高める

 

・お店では誰が儲けているのか を教える

子供の将来の夢は、目に見える目立つ職業になりがち

子供の目には見えない経営者の存在を伝える必要がある

子供にお金を儲ける仕組みを教える

 

・学費は子供に現金で見せる

子供の学費は非常に大きいお金

入学資金、授業料など銀行から直接 振り込むと、

子供は金額の多い差を実感できない

学費を現金で見せてお金の価値を教える

 

・自分のお金は3つの項目でやりくりさせる

お金で破たんする人とは、お金のやりくりができない人

限られた中でお金を管理することは、小さい時から教えるべき

突然変異でキチンとお金を管理するなんてありえない

小遣い表としてお金の流れを3項目に分けて記録させる

1、必要なモノ→毎月 文房具など必要な支出

2、すぐに欲しいモノ→日々のやりくり

3、いつか欲しいモノ→貯金する習慣

 

・小遣いは人助けの対価としてあげる

子供だから無条件に小遣いをあげるのは、お金の本質ではない

お金は人が困っているのを発見し、

それを自分で解決して、そのご褒美としてもらえるもの

ビジネスに必要な考える力を育てる

(244)

スポンサード リンク
スポンサード リンク