林修の日本史勉強法

●日本史はどうやって勉強すれば成績がアップするのか?

林修によると、人が書いたものを、切り取ったものを、

そのまま頭に入れるのが大嫌い

その人にとって頭に入りやすい方法がある

書いた人にとっては、それが整理されているかもしれないが、

僕にとって合わなければ、全部 整理し直して

自分が分かりやすい形にまとめ直すのが、僕のやり方

 

整理することを考えたのは、小学生4年生のとき

平安から鎌倉時代に書けて活躍した源頼朝、義経などの

源氏の武将を徹底的に調べてまとめ、

68ページの源氏総覧という本を書いた

巻末には源氏の系図もついている

完成するまで、10回以上も作り直した

 

●歴史の記述方法には、編年体と紀伝体の2種類がある

編年体は、教科書のように年代順に出来事をまとめる方法

日本史が苦手な人は、紀伝体を試してみては?

紀伝体とは、例えば、坂本龍馬の業績を中心にまとめる方法

事件を切り取らず、時代の流れで覚えることが大事

「知は整理するもの」

(2545)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク