息子を名門イェール大学に入れた母:小成富貴子の教育法

息子を名門イェール大学に入れた母:小成富貴子の教育法

イェール大学の滑り止めが、東京大学

 

・子供と一緒に勉強

家族全員でリビングで勉強していた

センター試験の倫理を家族全員で問題の出し合いっこをしたり、

私も負けないように一生懸命 答えていた

 

・3歳から毎晩 物語のその後を考える

絵本を読み終えた後、続きの物語を子供と一緒に考えていた

毎晩 毎晩 続きの創作物語をつくり、想像力を養った

 

・食事中はテレビを観ずに、クイズ大会

小さい頃は、ことわざクイズや漢字クイズ

大きくなるにしたがって数学の公式クイズや

生物クイズ、英語しりとりなど

 

・日本全国の史跡巡り

事前に地理、歴史、重要文化財を勉強してから

現地を訪ね、実際 目で見たり触れた

結果、44都道府県を巡った

(1541)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク