林修の簡単に上手に書ける読書感想文

●林修の簡単に上手に書ける読書感想文

現実認識による事実認識と価値判断から構成される

 

例えば、冷蔵庫の中にビールが6本ある、は事実認識

それに対して、どういう価値判断をするか?によって大きく分かれる

冷蔵庫の中にビールが6本ある、

林先生だったら、すぐに買いに行かなくちゃと判断する

これが価値判断

価値判断には、理由づけが可能

僕は毎日3本飲むから、もう買いに行く

私は1週間に1本しか飲まないから、まだ買う必要がない

 

1、本の気になった一文を書く→事実認識

 

2、それに対して、どう思ったのかを書く→価値判断

「すごく素敵だ」とか「ここが気に入った」など

いろんな価値判断ができる

 

3、なぜ そう思ったのか?を書く→理由づけ

 

4、そして1~3までを1セットとして

似た状況で比較する→類比 もしくは反対の状況で比較する→対比 (74)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
スポンサード リンク